カーテン生地の性能を基準とし、標準縫製、芯地はポリエステル素材によることを前提とした表示をしています。特殊縫製やフレンジ付きは生地性能に関わらず別途設定しています。裏地縫製の場合は、表生地、裏生地のいずれか性能の低い方に合わせて表示付けを行っています。マークそのものの見方は洋服の洗濯絵表示と同じです。

洗濯ラベルの見方

洗い方

image002

液温は、40℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いができます。

image006

液温は、40℃を限度とし、手洗いによる洗濯処理ができます。

image004

洗濯処理はできません。

漂白処理

image008

酸素系漂白剤による漂白処理ができますが、塩素系漂白剤による漂白処理はできません。

image011

漂白処理はできません。

乾燥

image012

選択処理後のタンブル乾燥処理はできません。

image014

日陰でのつり干し乾燥がよいです。

アイロン

image016

底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができます。

image018

底面温度110℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができます。

image020

アイロン仕上げ処理はできません。

ドライクリーニング

image022

石油系溶剤(蒸留温度150℃~210℃、引火点38℃~)でのドライクリーニング処理a)ができます。弱い処理
注a)ドライクリーニング処理は、タンブル乾燥を含みます。

image024

ウェットクリーニング処理ができます。
弱い処理

image026

ウェットクリーニング処理はできません。

カーテンに関するよくある質問